面接交渉権について

面接交渉権

面接交渉権について

夫婦が離婚に至った場合、未成年の子供の親権は母親か父親のどちらかが持つ事になります。
また、子供に係る費用は夫婦で分担する事が義務付けられていますので、養育権を持った方に養育費を支払う事になります。
日本の場合、大半が母親が親権と養育権を持ち、養育費を父親が支払うケースが多いです。
また、親権や養育権を持たない父親は面接交渉権を求める事が出来ます。
月1回や週1回などと回数や時間を決めて会う事が出来るのです。
中には父親と会う事が適切では無いとして、会う事が許されない方もいます。???? Vol.56 ??????????????
例えば、子供に暴力を振るっていた親などは親と会う事で、子供に精神的苦痛を与える事になるので許されないケースとなります。
協議離婚の場合は、夫婦双方が話し合い、決める事になります。
一方、裁判離婚になった場合は養育費や親権、面会など条件を裁判で決める事になるでしょう。
裁判で決定された事項は法的効力が発生しますが、協議離婚の場合は口約束になる場合が多くなります。
出来れば、公証役場や行政書士、司法書士などを利用して書面で交わし、法的効力を持たせる方が良いでしょう。
そうしなくては、約束を守られないケースも多々あるからです。
離婚の際の決め事は後々トラブルにならない様にしっかりと決めましょう。
離婚では他にも決めなくてはならないことが沢山あります。
婚姻費用分担と慰謝料の請求について載っているサイトです。

http://www.alliejablon.com/
合わせて読んでおくと、トラブル回避に繋がります。